プロミス自動契約機で必要なもの|即日でお金を借りるためのポイント

自動契約機で契約する際に必要なもの

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

プロミスの自動契約機を利用した申し込みは、誰にも会わずにスムーズに契約を完了できます。 必要なものは、本人確認書類として運転免許証・健康保険証・パスポートの内いずれか1点です。プロミス側は本人であることを確認して信用情報機関に問い合わせるので、公的な機関が発行する書類を用意しましょう。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、住民税の領収書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書など(いずれも発行日から6ヶ月以内)、現住所が確認できる書類も必要なものになります。

また、借入希望額が50万円を超える方、他社からの借入残高との合計が100万円を超える方は、収入証明書類として源泉徴収票(最新のもの)、確定申告書(最新のもの)、直近2ヶ月の給与明細書+1年分の賞与明細書の中からいずれか1点を用意します。 プロミスの自動契約機では、利用中も契約内容の変更や、カードの再発行・暗証番号変更の手続きなど、便利に利用できます。


リスト これから【プロミス】無人契約機に行きますか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ

消費者金融の審査で重要視していること

急にお金が必要になった際に、頼れる味方と言えばキャッシングです。キャッシングには、銀行系と消費者金融系の2種類があります。消費者金融系の審査は、申し込みさえすれば、必ず審査に通過するというわけではありません。消費者金融の審査では主に、「年齢・職業・年収」の3つが審査されます。年齢は、借りる予定の消費者金融の年齢制限以内であることが条件です。

また、貸付条件に「安定した収入があること」と明記されている場合は、職業と年収が主に見られます。年収は、返済能力があるかどうかを見極めるために見るので、必要です。

法律に、総量規制というものが存在します。これは、「年収の3分の1以上は借り入れができない」という法律です。申込額が、年収の3分の1以上の申し込みだった場合、限度額ギリギリまたは審査否認になる事が多いので注意してください。総量規制には、消費者金融系のキャッシングのみ含まれます。

1社で年収の3分の1ではなく、すべての業者からの借り入れ額が年収の3分の1以上になってはいけないという事です。ただし、銀行系のキャッシングから借りたお金は、総量規制の対象外となります。 消費者金融の審査は、最短30分即日融資という所が多いので、急いでいる方は消費者金融系のキャッシングを利用すると良いでしょう。

パート・アルバイトでも消費者金融を利用するには

消費者金融の利用条件は20歳以上で安定した収入がある人となっているのでパート、アルバイト、主婦の人達は利用出来ないと思ってしまう人が多いです。安定した収入という言葉で正社員ではないといけないと思ってしまうのが主な理由のようです。しかし利用条件を見てみると勤務形態に関しては一切触れてはいません。そのためパート、アルバイト、主婦の人達でも安定した収入があれば申し込む事は可能なのでとりあえず申し込んで審査を受けてみましょう。

審査で主に重要視するのはやはり安定した収入があるかという点です。安定した収入があるという事は返済能力があるとみなされるので審査通過率が上がります。しかし不安定な働き方をしていると月に安定した収入が入ってこないので返済能力がないとみなされて審査に落とされてしまう場合があります。パート、アルバイト、主婦が審査通過率を上げるためには週5日のペースでしっかり働いている事が条件になってくるでしょう。

審査に必ず行われるのは在席確認で正社員だけではなくパートやアルバイトの場合でもあります。勤務先に消費者金融から電話がかかってくると困ると思いますが、消費者金融側もその点はしっかり配慮していて金融業者名は名乗りません。電話をかけてくる時は個人名を名乗るので勤務先の人に消費者金融だとは分からないので心配する必要はありません。

キャッシングを更にお得に使う

キャッシングの基本は借り過ぎないように注意するということです。借り過ぎないという意味は返済が完了するまでの期間を出来る限り短くするという意味です。当然のことですが借り入れ金額を減らせばそれだけ返済も楽になり完済するまでの期間を短縮することができます。キャッシングで同じ10万円を借りたとしても1回で完済してしまうのか2回で完済するのかでは利息の面で大きな違いが出てきてしまいます。

キャッシングの利息は年率で計算されますので返済期間を短くすればそれだけ利息も安くなります。キャッシングの利息は返済期間を出来るだけ短くして一括返済してしまうのが良いという訳になります。キャッシングの際にかかるお金を出来るだけ安くしたいと言う場合、自分の持っている口座を利用して借入れと返済を行うのも効果的な手段となり得ます。

多くの消費者金融のキャッシングはコンビニエンスストアら設置されているATMを利用することができるようになっていますが、コンビニのATMを利用すると手数料が発生してしまいます。借入れと返済でATMを2回利用するとなると手数料も2回払わなければならなくなります。利息に加えて2回分のATM手数料を払うということになるとかなり金銭的に大きな負担となってしまいます。

ネット銀行の口座を利用すればATM手数料を払う必要はありませんのでキャッシングの利用にかかる金銭的負担を軽減させることができます。便利なキャッシングを更に便利に使うためにいろいろと考えてみると良いと思います。

キャッシングの審査について

キャッシングの審査について実際にどういったことがあるのか気になる方も多いと思います。店舗に行ったときと無人契約機を使用した場合とありますが、ここでは無人契約機での説明をしたいと思います。基本行うことは一緒ですが、担当者と顔を合わせて審査をするか、契約機を通して審査をするかの違いがあります。

無人契約機の場合、審査開始から終了まで40分程度で完了します。契約機の画面の内容に沿って行っていくことになりますが、そこでは免許証や保険証などでの身分を証明するものの確認、収入を証明するものの確認があり審査が開始されます。途中電話による確認がいくつかあります。勤務先、ボーナスの有無、配偶者の有無などある程度聞かれます。

その際、勤務先に実際に勤めているかの確認の電話が入る場合があります。ばれたくない方は、不安に思われるかもしれませんが個人名で電話をかけてくださるのでばれる可能性はほとんどないと思います。一応の確認作業が終わったら審査画面になってしばらく待つことになります。その時間に画面に返済の仕方やシュミレーションなどがうつし出されその内容の確認をすることになります。

審査に通った場合は今回の希望額、利用可能な限度額が表示され、最後に契約書を書くことになります。契約書の内容について再度確認し契約書にサインをすれば契約完了となります。完了するとその場でカードが発行され、その時点で利用が可能となります。審査中に音声アナウンス等での確認もありますが、計画的で無理のない返済計画をお勧めします。計画的に活用すればとても役に立つものだと思います。

キャッシングをする際は比較を

人生の中で、大金を使う機会は何度かあります。 そのような時に備えて、自分自身で貯蓄をしていればいいのですが、収入が少なかったり貯蓄が出来なかったりという事もあります。 その際に、キャッシングをするという選択肢もあります。

しかし、キャッシングをするとなれば様々なキャッシング業者もありますし、借り入れする金額によっての利率も様々です。 その為、しっかりと比較をして借り入れをする必要があります。 何も比較をせずに、借り入れしてしまってからでは遅いので比較はとても大切です。 ただ、比較をするとなれば時間が無いため効率よく動かなければならないです。 効率よく動くためには、インターネットを使う事が一番です。

インターネットであれば、各キャッシング業者の比較を一気にする事が可能となりますし、場合によっては比較しているサイトもあります。 その為、利率が低い所で申し込みをする事が可能となります。

また、キャッシングの利率以外にも返済期日の事だったり、実際に借り入れをした人の感想などを記載しているサイトもある為、今後自分自身が体験するようなことをしっかりと想像する事が出来ます。 イメージが出来れば、失敗したと後悔するケースも少なくなりますので、キャッシングの比較はとても重要です。

このページの先頭へ